AtCoder Beginner Contest 005

C - おいしいたこ焼きの売り方


Time limit時間制限 : 2sec / Memory limitメモリ制限 : 64MB

問題文

高橋君は、たこ焼きをどの順番で売るか悩んでいました。というのも、作り置きされたたこ焼きは美味しくないとわかっているので、高橋君はそのようなたこ焼きを売りたくないのですが、できたてばかり売ってしまうと売れるたこ焼きの数が減ってしまいます。

また、お客さんを待たせてばかりだと、次第にお客さんが離れてしまうだろうと高橋君は考えています。
そこで、彼は T 秒以内に作成されたたこ焼きを売り続けることで、お客さんを捌ききれるかどうかを調べることにしました。

たこ焼きは A1A2、…、AN 秒後に焼きあがります。
お客さんは B1B2、…、BM 秒後にやってきます。
1 人のお客さんに対して、たこ焼きを 1 つ売るとします。すべてのお客さんにたこ焼きを売れるならyes、売れないならnoを出力して下さい。


入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる。
T
N
A_1 A_2 ... A_N
M
B_1 B_2 ... B_M
  1. 1 行目に、何秒以内のたこ焼きまで売るかを表す整数T(1≦T≦100)が与えられます。
  2. 2 行目に、高橋君が作成するたこ焼きの総数を表す整数N(1≦N≦100)が与えられます。
  3. 3 行目に、それぞれのたこ焼きが何秒後にできるかを表す整数 Ai(1≦Ai≦100、A1≦A2≦...≦AN) が半角スペース区切りで N 個与えられます。
  4. 4 行目に、来店するお客さんの人数を表す整数M(1≦M≦100)が与えられます。
  5. 5 行目に、それぞれのお客さんが何秒後に来るかを表す整数 Bi(1≦Bi≦100、B1≦B2≦...≦BM) が半角スペース区切りで M 個与えられます。

出力

すべてのお客さんにたこ焼きをすぐ売れるならyes、売れないならnoを出力して下さい。

また、出力の末尾には改行を入れて下さい。


入力例 1

1
3
1 2 3
3
2 3 4

出力例 1

yes
  • それぞれのお客さんに 1 秒前にできたたこ焼きを売ると、すべてのお客さんにたこ焼きを売ることができます。

入力例 2

1
3
1 2 3
3
2 3 5

出力例 2

no
  • 最後のお客さんにたこ焼きを売ることができません。

入力例 3

1
3
1 2 3
10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

出力例 3

no
  • 高橋くんのたこ焼き屋は大人気です。

入力例 4

1
3
1 2 3
3
1 2 2

出力例 4

no
  • 3 人目のお客さんを待たせてしまいます。

入力例 5

2
5
1 3 6 10 15
3
4 8 16

出力例 5

yes

Submit提出する